製品一覧

ブルーフィルター(IECシリーズ)色補正用オプティカルカラードガラス

  • ブルーフィルター(IECシリーズ)
  • ブルーフィルター(IECシリーズ)
  • ブルーフィルター(IECシリーズ)
ブルーフィルター(IECシリーズ) ブルーフィルター(IECシリーズ) ブルーフィルター(IECシリーズ)

IECシリーズは青~緑にかけての透過率が高く、赤の光を吸収する分光曲線の傾斜が急峻で、長波長側のカットフィルターとして用いられます。

IEC-Kシリーズは、IECシリーズよりさらに耐候性を向上させた色補正フィルターです。
(60度90%の環境で500hrの耐久試験に合格しています。)透過率は500~600nmにかけて徐々に下がり、700~1000nm 付近で出来るだけ低くなるように設計されています。組成にはフッ素を使用していない環境に優しいフィルターです。

使用用途

デジタルカメラ、カメラ付携帯電話(CCDカメラの色補正)

データ一覧

透過率 温度特性
IEC131K
IEC501
IEC508
IEC518
IEC578

注)上記、ダウンロードファイルはフィルター厚みを変更した際に光学特性のシミュレーションが可能なエクセルデータです。 (Excel2000以降対応)
マクロが含まれておりますので、ご使用の際にデスクトップへ保存してからご利用をお願い致します。
尚、ファイルにつきましては不定期にて更新しております。あらかじめご了承下さい。

製品紹介

ブルーフィルター(IECシリーズ)

■CMOSセンサー用赤外線吸収フィルター デジタルカメラなどに搭載されているCMOSセンサーは、可視光域から近赤外域にわたって分光感度が存在しています。そのため、人間の視感度を合わせるための近赤外線カットフィルターは必要不可欠な光学部品になっています。当社のIEC-Kシリーズはフッ素フリーで耐候性に優れていますので、安心してご使用いただけます。

  • 1)使用目的に合わせて、オリジナル強化処理を行うことも可能です。(耐熱強度・耐衝撃強度の向上に)
    注)強化処理を施した場合、分光特性が一部初期値より変動致します。
    詳細につきましては、お問合せ下さい。
  • 2)本ホームページに記載しているフィルターの透過率は代表的な値であり、個々の溶融ごとのデータは多少異なることがあります。
    板厚換算による透過率値はあくまで参考値としてお考え下さい。
  • 3)本製品の透過率データは、室温(温度:25℃/湿度:50%)での測定値であり、使用環境によっては異なる場合がございます。
  • 4)ご採用検討の際、用途・使用環境については弊社営業担当者までご相談下さい。